スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/14GvG カレーは辛口ダヨネ!の巻

サラリーマンをナメんじゃねぇぇぇぇーっ!


サラリーマンをナメんじぇねぇぇえー!

大事な事なので2回言いました。(キリッ


という訳で、先日なにげなくドラマ「サラリーマン金太郎」を観てみたけど、なかなかオモシロイね。
初代金太郎の高橋克典の時のヤツよりも、今回の2代目の方がイイわー。

演出も凝ってるし、何よりも黒川社長役の「古谷一行」がこれまたシブイ。
青山倫子もキレイだわー。

うん、原作は一通り読んでるけど、この出来なら満足だわー。

サラリーマンを、ナメ・・・(モウ、イイカゲンニシロッテ)


てな訳で、Gv日記行きますよー。

さて、「もうレポは書かなくてもいいかなぁ~。」と思ってたんですが、今回の雇用主さんからの強い要望がありまして、書くことになっちゃったのですヨ。
しかも、めっさ辛口でブチかまして欲しい、との事。

まぁ、今後は雇用主さんからのリクエストがあった場合は書くことにしましょうかのぅ。


そんな訳で、今回はプロペラさんからの参加となりましたー。



F2防衛:(攻め:黒葉さん、ファンタジアさん、Hrさんほか)

さて、紅まゆげ隊からは、まゆげ冠、しゅらリンカー、まりこ教授の参加です。

開始は確保砦であるF2防衛から始まります。

まずは入り口で防衛ラインを形成しますが、そこへ黒葉さんがスタダ狙ってきます。

WPロキ発動しようとしたところ、コートが来ません。
とりあえずロキ切って、「はよコートしてくれー。」と打ったところで開始。

速攻で鎧破壊&LP展開され、あっという間に入り口崩壊。
防衛ラインを後方に変更します。

拠点防衛に切り替えようとするも間に合わず、守護石破壊→城門突破。

こちらは旗移動を使い今回の防衛ラインのメインとなる、右上池地帯の入り口にて迎え撃ちます。(20:12)

そこからしばらくは一進一退の攻防。
ジリジリと押し返し第一バリケ付近まで戻す→敵EMCにより、また池での攻防、の繰り返し。

お互いキチンとラインを形成しながら押し合うので、突破しようと迂闊に前に飛び出すと一気に潰されます。
この辺の戦い方は、お互い長いこと連合組んでただけに双方よく似てるなぁ、と思いました。

20:26に攻め手にファンタジアさんが追加。

20:35に黒葉マスターにより残影+ブーンPOTで突破し、上右隅で裏EMCを決められます。
それに対応して、ラインを後方へ移行します。

何とか応戦して粘っているところにHrさんが襲来。(20:53)

そのままHrさんに押し込まれERでの攻防に移行。(21:00)

Hrさんがブレイク。(21:07)

攻略すべく再度F2へ向かい、割り返します。(21:11)
この時、Hrさんは放棄転戦するか守るかまだ決まっていなかった様なので、その隙を突いた形になった模様。

防衛体制を整えようとしたところで、再度Hrさんが攻め込んできます。

押し込まれて、Hrさんエンペブレイク。(21:21)

こちらも攻め込むが、残り時間も考慮し転戦します。(21:31)



B2確保

各地へ偵察を出したところ、B2が無人だったので制圧。(21:39)

とりあえずここを確保して派兵開始します。



L4・V3派兵:(防衛:アンコLTさん、ゾディさん)

まずはアンコLTさん防衛中のL4へ派兵。(21:45)

ロキがきっちり出ていたので、まゆげはとりあえずブーン突破狙います。
欠席者が多かったらしいので、魔法弾幕もHITSTOPもそれほどでは無くもうちょいで抜けれそうなんですけど、ADSイタス・・・。

2回攻めたところで転戦。


お次はゾディさん防衛中のV3へ。
この時ポタメモ指示の連携が上手くいかず、V砦中央から徒歩で移動となります。

ER内はロキ無し防衛なので、まゆげは突撃即ブラギ展開して後続のスクリームや後衛火力を補助します。
21:55にはLP展開しますが、攻め切れず。

うーむ、さすがに中央から徒歩移動→ノピEMC集合だと高速回転という訳にも行かず、テンポが遅い。

再度攻めようとしたところで、V3へHrさんの派兵部隊が襲来。
攻め潰し合いでグダグダになる前に、早めに確保砦に戻ります。

B2リセット(21:58)し、そのまま確保。


B2砦確保にて終了となりました。



<感想とかもろもろ>


まずF2防衛について。


よく練られている良い作戦書だったので、全員がこの通りに動ければイケルんじゃないかと思いました。
旗移動先の把握や、こちら側が迎え撃つべき防衛位置については作戦書にキッチリ明記されていたのでわかり易かったですが、問題は相手の動きに対する対応ですねー。

おそらくキーとなるのが指示・連絡系統になるだろうと思ったので、これについては開始前にぴよ子さんに提言申し上げた訳です。

でも実際にコレを機能させるのは、予想以上に難しいかったですねぃ。

現状での敵の侵攻位置の把握、それにより防衛ラインをどこに移動させるか、それらの指示を回す際の砦内でのエリアの呼称の統一。

バリケ修復時はマスターは会話ができないので指示が出せないので、総指揮とEMCマスターは別にした方が良さそうですね。

あと、意外とERの構造がわかりにくいのに対し、今回ERでの攻防が多かったのは厳しかったのぅ。


黒葉さんとの正面ガチ平地戦は、お互いなかなか勝敗がつきにくかったですね。

でも、途中でウチが旗から7-A地点で背後から強襲掛けてみたら、意外と隙が多かったです。

お互いガッチリとライン形成して攻防してた場合、後方ブラギは大抵2PCだったりするのでそこをブン取ってジョークしてみたのですヨ。
ウチが冠じゃなくてHWIZだったらドテッ腹に思いっきり風穴あけられたかなぁ。

Hrさんとの第3バリケード攻防の時も、7-B旗使って後方からジョークかましてたら結構凍ってたし。

SE砦での平地戦って、正面ガッチリ固めつつも旗からの背後強襲で挟み撃ちにするのが効果的なんじゃないかなー、と思いました。
そういう意味では、バランス良い構成の強襲用PTってのを1つ編成してみるとおもしろいかもー。


まぁ、SEに関しては各勢力でいろいろと実験しながらデータを集めてる訳だから、現時点でドコが勝ったの負けたの、ってのはあまり関係ないかも。
そういう意味では今回は砦落とされたけど、いろいろな発見があったので有意義な2時間だったと思われます。


派兵についてはL4にしてもV3どちらも、もう少し人数多目にしてまとまって行けばおもしろかったかも知れませんのぅ。
ただ、時間が無くてバタバタしてたからしょうがないか。



あと気になったのが、Hrさんに対する意志統一かなぁ。
以下は全ての勢力に言える事ですが。

たとえば選択肢はいくつかありますよね。

①全力でやれるところまで交戦する。
②経費を掛けない程度に適当に戦い、転戦放棄したところを制圧する。
③下手に交戦したらつきまとわれるから、即転戦。


今回の指示としては①だったんですが、コレをやるなら全員が全員一致で戦う気満々じゃ無いと500%勝てませんし、そんな甘い相手ではないですしのぅ。

黒葉さん相手の時は皆がやる気満々で戦ってたけど、Hrさん相手の時はところどころ消極的な動きが見られたので。
そもそもB-29を竹槍で落とすような戦いになる訳だから、ほんの一握りでも戦意喪失してる人が居るんなら早めに②か③に切り替えた方がいいかもです。


だから、Hrさんに関してだけは「攻めてきたらどう対応するつもりなのか?」について、事前に決めておいた方がいいかと。


ちなみにウチらは雇われた身なので戦うんなら全力でいきますし、転戦ならジャンピングダッシュで一番目に砦から逃げ出しますヨ。

仮に戦うにしても、何も華麗に一撃で相手を倒すだけが戦いじゃないですしね。

自分の死と引き換えに、減速かましとく、LA入れておく、「忘れないで」で進軍を遅らせておく、ジョークで1人だけでも凍らせておく等々、サポート職でも出来ることはいくらでもあります。

ほんの僅かな事かもしれないけれど、他の味方が攻撃し易くなる状況を作ってから殺されるならソレはとても意義のある事です。
それに旧砦と違って旗移動復帰が有効に使える訳ですからね。


と、まぁ、「めっさ辛口で書いて!」とリクエストされているので、こんな感じでよろしいでしょうかのぅ。
(嗚呼、コレでまた依頼が減るカモ・・・)


何はともあれプロペラ様、今回の雇用ありがとうございました。
ウチらも日々研究・努力していきますので、また機会ありましたらよろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。