スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WP越えジークってなぁに?② <運用編>

こんばんは、まずは訃報から。

水野晴郎さん(映画評論家、享年76歳)が死んじゃったよぉぉぉー。 合掌。
そいえば、まゆげは某クラブイベントのゲストで生水野を見た事があるのぅ。

これからたぶん追悼番組で、「風と共に去りぬ」とか「カサブランカ」とか名作が放送されそうなヨカン。
あ、まゆげ的には「ローマの休日」がオススメ。(オードリーヘップボォォォーン主演)
たぶん平成生まれの人達が観ても楽しめるハズですよー。

さて、前回の続き行きましょっかねー。


WP越えジークってなぁに?② <運用編> 


ま、簡単に言ってしまうと

 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 || 「WP越えジーク」とはジプシー・クラウンスキル「私を縛らないで」を利用して
   
 || WPを跨って合奏スキル「不死身のジークフリード」を演奏し、ERなどで

 || 演奏されているであろう「ロキの叫び」を無視してこの演奏の効果を得、

 ||  攻める足掛かりとする戦略のことである。
 ||                               Λ_Λ
 ||                              \ (゚ー゚*) キホンですよ。いいですね。
 ||                              ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    ~(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は~い、先生。
      ~(_(   ,,)~(_(   ,,)~(_(   ,,)
        ~(___ノ  ~(___ノ   ~(___ノ

スキル「縛らないで」に関しては生体臨時に参加した事ある人なら、ニヨペアが使ってるのを見た事が
あると思いますが、以下簡単に説明。


私を縛らないで
種別 : アクティブ [ MaxLv 5 ]
対象 : 合奏中のプレイヤー本人

合奏中に追加で使用するスキル。
通常合奏中は移動出来ずアドリブ以外のスキルを使う事が出来ないが、これを使うと演奏/踊り/合奏を除いたスキルが使用できるようになり、移動と通常攻撃も出来るようになる。
自分が合奏の発動者であるか協奏者であるかは関係なく、どちらであっても使うことが出来る。
動けるようになるのはスキルを使用した本人だけであり、二人とも動きたかったら二人がそれぞれスキルを使う必要がなる。
合奏の範囲は最初に発動した位置に固定される。発動者が縛らないでを使って動いてもついて来る訳ではない。
スキル使用中は相方と隣接していない状態でも合奏が維持できるが、合奏の効果範囲から出る・死亡する・アドリブを使う等すれば合奏は即座に止まる。
合奏が止まれば「私を縛らないで」も自動的に解除されるため、再発動するなら隣接位置まで戻らないといけない。
「範囲から出ると合奏が止まる」と言うのは「私を縛らないで」が持つ効果。
通常は合奏中に足元をハイウィザードスキル「ガンバンテイン」で消されても合奏が止まることはないが、「縛らないで」中に足元を消されるとその時点で「範囲から出た」と見なされ合奏が即座に止まる。当然、演奏者の足元が消されている時に「私を縛らないで」を使うと、使った瞬間に合奏が全て消える
「私を縛らないで」使用後に使用可能なスキル
集中力向上、アドリブ、MS/TA、寒いジョーク/スクリーム、ArV、MC(ステは半分)、運命のタロットカード、ヒール、ハイディング、クローキング(壁が必要)、MB、サイト


つまりやり方としては

①ER前WP前でジーク発動。

②続いて縛らないで使用し、その使用者がそのままER突撃。

③通常ロキ上ではスキル使用はできないが、この場合は前MAPで発動したジークをそのまま
  ER内に持ち込む事ができる。

④したがって、ジークPTのメンバーはロキ上に降り注ぐ、無属性攻撃以外の全ての属性攻撃
  に対して、80%の耐性及び50%の状態異常耐性を持つ事ができる。



さてここで問題となるのが、合奏は「一撃でMHPの25%のダメージを食らうとスキル中断」というヤツですね。タイダル&ウールセットのクラウン・ジプだと大体MHP12kちょいってとこだから、3k程のダメを食らったらあぼーんという事になります。

という訳で、まずはペコ騎乗者が先に突撃し出現地点で耐え続ける事で、ジーク使用者がタゲられぬように隠す役目が重要となってきます。

尚、ジーク発動そのものは相方が2PCでも可能なのですが「演奏発動者は自身の発動した演奏の影響を受けない」という弱点がある為、ER突撃した発動者が属性攻撃でチーンとなる仕様になっております。

そこで重要な鍵となるのが、ソウルリンカースキルバード・ダンサーの魂です。
この効果はいくつかありますが、ここで重要となるのは「合奏を含む全ての演奏スキルが自分にも影響する」という点です。
つまり魂を貰う事で、発動者であってもジークの効果が自分自身にも掛けられるという事が可能になります。

さて、この時点でジークの効果範囲内であればPTM全員が属性攻撃耐性80%を得た事になります。
ここで一番恐ろしいのが、そうADSです。
低VITであればADSのダメも下げられますが、そうすればスクリームやメテオによるスタンで合奏が止まる為、本末転倒となりますね。

そこで推奨するのが、ゴーストリング挿し鎧の着用です。
ゴス鎧にノクシャスorレイド挿し肩により更にADSのダメを抑える事ができます。
あ、それとADSには破壊効果もある為、フルケミカルチャージも忘れてはいけません。

ん?鎧をゴスにするとSGで凍結して合奏が止まってしまう?
はい、確かにそうですね。

そこでジークの仕様の(例2)のところを見ていただけるとわかるように、ジークに更にプラスして水属性攻撃耐性を100%↑にする事でSGのダメを0にする事で凍結を防ぐ事が可能になります。
(レジポ、タイダルシューズの水耐性、ヴァル盾の水耐性、肩をマルス挿に変更などなど。)
あ、ちなみにこれはウチはまだ実験してないので、ホントに凍らないかは各自実験してちょ。

ようやくこれでWP越えジークの土台ができました。
これでPTMはちょっとやそっとじゃ死ななくなる為、フルアドレナリンラッシュ掛けたEDPアサクロなどがロキペアの一方に集中攻撃を掛けて、SWと献身パラごと落とすも良し。
また耐久性を最大限に利用して、ロキが切れた瞬間にLPを狙う教授も欲しいですね。
今の鯖状態だとロキが欠ける事無く、1発で掛け直せるとか難しいですしのぅ。

更に、ジークPTとは別にロキ地帯抜けて暴れるLK陣がいると尚良しです。
防衛側からしたら、それぞれの場所で暴れられると火力が1点集中しづらくなりますしね。
場合によっては防衛側がジークに気を取られているうちに、普通にロキ範囲外からLP決めたりとかも可能になりますかのぅ。


こう書いちゃうと「チョーいい戦術じゃん?」と見えなくもないですが、やはりどんな戦術にも弱点というモノがあります。


さて、次回の講義はついに最終回。
WP越えジークってなぁに?③ <対策編>ジークなんて怖くないモン!をお送りします。


では、本日の講義はここまで。

    お疲れ様。みなさん、お茶が入りましたよ・・・・

旦 旦 旦 旦  旦       旦 旦 旦 旦 旦旦
 旦 旦 旦 旦旦 旦      旦旦 旦 旦旦  旦
旦 旦 旦 旦 旦 旦. ∧_∧ 旦 旦旦 旦 旦 旦
旦 旦 旦 旦 旦 旦 (´・ω・`) 旦 旦 旦 旦 旦 旦
旦 旦 旦 旦 旦 旦.  (o旦o ) 旦 旦 旦 旦 旦 旦
旦  旦 旦 旦 旦 旦. `u―u'  旦 旦 旦旦 旦 旦旦


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。