スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒り

こんばんは、今はテレビを付けるとどの局も「管直人」の顔ばっかりで嫌んなっちゃうねー。

しかしまぁ、鳩山さん辞めるの早すぎだよね。

基地問題なんてどの党の誰がやろうが、そうそう簡単に解決できる問題じゃないんだしねぇ。

政権取ったところですぐに世の中が良くなる訳ないんだから、せめて来年くらいまでやってそれでダメなら辞任するとかなー。

まぁ所詮は選挙対策なのかねぇ。



と、まぁこんな感じでニュースにげんなりしていた矢先、久々に怒りがふつふつと沸くニュースが出ましたよっと。




トイレ監禁の次男「試食で腹満たす」 母は目の前で酒飲み鍋料理
6月5日1時31分配信 産経新聞



 母親と交際相手の男が、当時中学3年生だった次男(15)を自宅トイレに11日間監禁していた事件で、次男が警視庁光が丘署に「昨年11月以降、まともな食事を与えられなかった。

 スーパーマーケットの試食で腹を満たすこともあった」と説明していることが4日、同署への取材で分かった。次男はさらに、「母親らは目の前で酒を飲み、鍋料理や肉料理を食べていた」などとも話したという。


 同署によると、当時14歳だった次男は身長約165センチだったが、同学年の男子と比べてかなりやせて肋骨(ろっこつ)が浮き出ており、手足も細かった。
 保護した時点で体重は40キロ未満だったとみられている。


 同署の調べでは、監禁容疑で逮捕された母親の中島まゆみ容疑者(47)と川崎輝久容疑者(34)が交際を始めて1カ月が経過した昨年8月ごろから、次男は台所で1人で寝食をするように言われ、疎外されるようになったという。


 さらに同年11月以降は、中島容疑者らは次男に食事を作らず、自分で作って食べるように言いつけていたといい、次男はおもに食パンだけしか与えられていなかった。


 次男は保護された際、頭や鼻を骨折していたほか、左腕にも古い骨折の跡があった。同署は両容疑者が次男に対し、暴力を振るう虐待を繰り返したほか、ネグレクト(育児放棄)を続けて肉体的・精神的に衰弱させていった可能性があるとみて捜査している。



さて前回のブログで、まゆげが毎日曜日にボランティアに出掛けてるとチラッとだけ書きましたが、ちなみにそこは児童養護施設なんですよ。

虐待児や育児放棄などで親と生活できなくなった子供達が共同生活してる施設なのさ。

ちなみにまゆげが主に相手しているのは、小学校低学年の子供達かな。



さてこの子達ですが、うーん・・・やっぱ少しだけ普通と違うかな。

甘え方がとにかく半端じゃない。

やっぱ幼い頃、親から愛情をしっかりと受けられなかった事による反動なのかなぁ。



でもね、そんなトコくらいで大筋は普通の子と大差ないよ。

ウチが大学時代にアルバイトで接していた児童館の子供達と全然変わっていない。



そう、子供達は昔と何ら変わっていないけど、変わったのは親のほうなんだろうな。


あの頃に比べると社会環境は厳しさを増しているので、その影響をモロに受けるであろう親のほうに精神的なゆとりが無くなってきているのだと思う。


虐待・育児放棄の問題解決は、子供を保護する事だけでは根本的な解決には繋がらない。

問題は、「親の心をどうするか」なんだろうなぁ。


もちろん社会的な貧困というのも問題にあるだろうけど、貧困=虐待ではないのよね。

あらゆる状況から生じる心のゆとりの無さ → 自分でもどうしようもないストレス → 虐待

というような流れなのだと思うんだ。 



しかし、母親としての愛情も放棄してまでこんなクズみたいな男と付き合いたいのかねぇ。

こんな男にもオンナがいるというのに、ウチに彼女がいないというのがあああああー・・・(うわ、何をするっ!)



で、話を元に戻して、と。


こういう子供達との触れ合いを通じつつ、職場などで問題のある大人達を眺めているとひとつの結論に結びついた。


子供達の抱えている問題と大人達の抱えている問題は、根本的な部分で同じであると。


他人から愛されたい、認めてもらいたい、肯定してもらいたい。


これらの欲求は大人であろうと子供であろうと同じであると。

これらが満たされないと人はなかなか安心感を得られず、常に不安を抱えた状況となりますわな。



これが子供だとストレートに甘えで表現してくるから非常にわかりやすい。


だが大人になると、こういう欲求をオブラートでくるんで表面上は隠すわけだ。

それが虚栄心であったり支配欲であったりと、形を変えて歪んだまま表出するのだと。



こういうやり切れない気持ちを、どう行政・福祉共にフォローしていけるかが虐待・育児放棄の問題解決に繋がるのではないのかなぁ。(もちろんそう簡単には上手くいかないのだろうけど)



んで話は戻るけど、施設の子供達ね。


確かに癖はあるよ。

個人差はあるけれど、自分の言い分が通らないとすぐ暴力振るうし、すぐ嘘つくし、何度言ってもルール守らないし。


でもね、みんなカワイイよ。

ウチはここに居るすべての子供達に、将来幸せになってもらいたい。


来年の保育士国家試験に受かるかどうかわからんし(合格率めっさ低いよ)、求人枠が少ないから就職できるかわからんけど、出来るならばこの道に進んでみたいんだよね、ウチは。




うーん・・・やっぱこういうリアルや時事ネタはブログ別にしたほうが良さそうねー。

正直、Gvの勝った負けたとかよりもRO以外でのリアル事のほうが書きたいことは山のようにあるんだわ。

そのほうが観てくれる人にとっても都合が良さそうだぬ。


スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。