スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者向けGv講座No.25 初めてのSE砦<防衛編①>

こんばんは、気が付くと今日からもう10月ですよ奥さん。
月日の経つのは早いものですねー。


さて、そういえばGvGにおいてSE砦が実装されてから、もう随分と経ちましたねぇ。

その間、各同盟いろいろな戦術を編み出してよりバリエーションのある戦いが繰り広げられている昨今ですな。


そういえばラグナロク自体もう息の長いMMOの部類に入るから、当然プレイヤー人口も徐々に減少しておりますな。
となると当然、同盟解体や再編・統合などで、同盟勢力数も比例して減少しておりますね。


そんな中SE砦実装で砦の数がドガーンと増えた事により、明らかに砦が余るという状況が生まれてきます。
終盤の大手の派兵タイムになるまで、無人放置されている旧砦も少なくないとか。


そうなると、旧砦では対戦相手に事欠く為、新たにSE砦へと戦場を移しつつある同盟も徐々に増えつつあるのではなかろうか。



ここでまず壁にブチ当たりますね。


なぜなら同じGvとはいえ、SE砦の戦い方は旧砦とは全く別物ですからのぅ。


てな訳で、そんなお困りのアナタに、まゆげさんが久々に講座をブチ上げちゃうぞー。


ちなみに今回の記事は、SE砦に対してザーッとイメージしてもらう為のモノであって浅く広く書こうと思ってます。


あくまでも総論であって各論では無いので、これを読んだからといってすぐに勝てるというモノではありません。

逆に言えば、最低限このくらいの事を知っておかないと戦いにすらならないという訳ですな。


ほんじゃまずは<防衛編>から行きますかのー。


基本的には、「エンペリウムをカチ割ったら城主交代」&「終了時間まで割られずに守りきったら砦確保」というのは変わりません。


まず旧砦と大きく違う点は、入口~エンペリウムの間に、守護石2個城門バリケード3つがある事です。

※これらの置物についての詳細説明は、12/3の講座No.16にて記載してあるので割愛。




さて、まず砦に入ってまっすぐ進むと、バリケードによく似た「城門」が行く手を阻みます。

この城門はバリケードと違い、攻撃不可なので壊すことは出来ません。
つまり城門がある以上、絶対に先には進めないのです。


さて、この城門を撤去する唯一の方法が、左右一対に位置してある「2つの守護石を破壊する」

両方の守護石が破壊された状態になると城門は自然消滅するため、そこから先に進むことが出来ます。



続いて進行方向に対して、3箇所にバリケードが建っており行く手を阻みますが、これらに攻撃を与え破壊します。

すべてのバリケードを突破して先へ進むと、エンペルームへ到達します。


そこでエンペリウムを破壊すると城主交代。




ここから防衛へと移ります。



まずは第3バリケードから修理を行い、第2→第1と入口に向かって修復していきます。

尚、この際に敵EMCマスターが潜んでる場合もありますので、徹底的に炙り出しながら進んで下さい。

※(注)バリケードを修理できるのは城主のギルマス1人だけです。

たとえば城主予定以外のギルドで割ってしまい、そこのマスターが材料が持って無くて修理出来ないというハプニングもたまにありますので御注意を。




続いて守護石2個を修理して、城門を復活させます。

守護石の修理は城主ギルド員なら誰でも出来ますので、strが高めのキャラは必ず1セットは持っておいて下さい。




さて、ここからいよいよ防衛ラインの構築となります。



防衛ラインは、「守護石前」か「入口WP」のいづれかになります。



まずは入口防衛から解説します。


基本的には、旧砦のERWP防衛と同じです。

入口にロキを展開して大量の火力を落として排除します。



ただし旧砦と比べると、SE砦は全般的に入口の間取りが広いのでロキ1枚ではカバーしきれないのがほとんどです。

また、攻め側は砦外でアスムを回せるのも強みですね。



更に旧砦ER防衛と違って奥行きが広い故に、一旦抜かれたら追いかけて排除するのは限りなく不可能です。
その場合は速やかに守護石防衛に切り替えるべきです。




守護石防衛について



入口防衛は安定感が低いので、メイン防衛をこちらに設定している同盟がほとんどですねぇ。


攻め手は左右の守護石を両方破壊しなければ先に進むことは出来ません。

従ってどちらか一方の守護石エリアをがっちり固めて破壊されないようにしておけば、攻め手はそこから先には進めないという訳です。


さてココでのライン配置については割愛します。

この辺の話については各同盟により特色がありますし、何よりも砦によって地形が全然違うので総論としてザーッと流すのは無理すぐるぅぅー。




ちなみに、攻め手はまず反対側の守護石を破壊してからラインへと攻め込んできます。

ほんで、その破壊された守護石は5分経過すると修理可能となります。

破壊アナウンスをきっちりと覚えておいて、5分経ったら積極的に修理を試みて下さい。


仮にライン突破されて守護石破壊されたとしても、反対側の守護石が修復していれば城門は健在なので攻め手は先に進めません。

マスターがEMCで、反対側守護石へ素早く防衛ラインを移行させるのもアリです。


守護石修理についてはwoamのセティ・ユウさんのブログ1/28の記事にわかりやすい動画がUPされているので参照です。




あ、あと、守護石防衛・入口防衛両方に言える事ですが、余裕があったらガーディアンを防衛ラインへ誘導して下さい。

これはクリエやスナイパーの仕事です。

特に鯖が重くて動きにくい状況下でのガーディアンの仕事ぶりは凄まじいです。
(リンカーはきっちりエスク掛ける事。)

ただし、基本ガーディアンは馬鹿なので、ペコ職が抜けたらラインほったらかしで釣られてどこまでも追っかけていきます。
だから過剰な期待はしないように。




さて、反対側の守護石も壊されたままで、且つメインの防衛ラインも突破されて守護石制圧状態になったら、速やかに第1バリケードへと防衛ラインを移行しましょう。

ここで攻め手の進軍速度よりも、こちらのバリケードへの戻りが遅くなることの無い様にしなければなりません。


ですから、城主ギルドは必ず旗移動を把握しておきましょう。


ここで攻め手よりもモタモタしていたら確実に負けます。

ちなみに当ブログのリンク欄にGvGSEリンクフラッグMAPがありますので、そこを参照するといいかもです。

さすがにこれら全部を把握するのはキツイですがのー。


ちなみにまゆげの場合は、当日戦う予定の砦(ポタメモ先)の旗移動を、あらかじめメモに書いてPC横に置いています。


更に出来るならば、防衛ラインを移行する場合には指示を出すと共に、旗移動まで指示しておくといいかもです。

たとえば、N1、N4、N5ならば、「第1バリケ移動!前衛LF-02A、後衛LF-03B」とかねー。




<編集後記>


うひょ、簡単に終わらせようと思ったら意外と書くことありますのぅ。

という訳で、次回はバリケード戦から書くよぉー!


スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン - ジャンル : オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。