スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/1GvG YOUがCANならDOしちゃいなよ!の巻

こんばんは、先週末から日本列島は天気が大荒れで、まだまだ寒い日が続きますねー。

しかしそんな日々でも、冬ならではの楽しみ方がまゆげにはあるのです。

そう、冬の風物詩といえば、ブーツですよブーツ。*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*

いやー、女性のブーツ姿はいいねぇ。
特にミニスカと併せると最強のコンボだよねっ!

ん?足が見たいんなら、ミニスカにヒールパンプスの方がいいじゃん、って?
チッチッチ、お前は男というモノを全くわかっちゃいねぇ。

エロスと云うものは、「オラッ!見やがれゴルァー。」みたいにバーンと出すもんじゃ無いんだヨ。

膝下~股下までの限られた僅かな空間によるチラリズム。
これこそにロマンがあるのです!

チラリズム、これが男のダンディズム。

これを御覧の女性諸君は、この言葉をしかと肝に銘じるが良い。

ハイ、皆さん御一緒にー!。
チラリズム、これが男のダンディズム。

以上、大事な事なので2回言いました。(`・ω・´) シャキーン 



と言う訳で、とてもタメになる前振りはこのへんにして、Gv日記いっちゃいますヨー。

さて本日のお客様は、10/12雇用以来ひさびさのアンコLVさんでした。(LTとLOVまとめてLVね)

ちなみに紅まゆげ隊からは、まゆげチェイサー、しゅらリンカー、まりこリンカーの3人3キャラでの参加となりました。


さて、今回は確保砦であるF5の防衛を予定。

ちなみに、今回まゆげは前線に立ったり荒らしを目的としたA部隊のPTLを任されました。

まゆげ的狙いとしては、平地戦で敵を迎え撃ちつつも、戦況が膠着してきたら旗移動による背後強襲バックアタックも織り交ぜて敵を霍乱をしていこうかと。

尚、予め断っておきますが、今回ニケさんからは「外部からの視点による指摘が欲しいので、レポは思いっきり辛口で書いてください。」と言われております。



F5防衛①:(攻め:TSさん、地蔵LLさん、鹿さん、サクリファイスさん)

まずは城主ギルドであるLTに詰め込んで、入口WPロキ防衛を展開します。

しかし、開始と共に攻め手が千客万来状態に。
TSさんはブーンPOTガンガン使用で奥抜けを試みてきます。

入口から右に抜けたTSマスターがEMC→そのまま第2守護石を破壊。(20:05)
こちらは左EMCにて第1守護石を守るべくラインを固めます。


ここまでの対応は作戦書通りなのでスムーズに移行できましたが、この後がマズかった。


第1拠点エリアに行く前の通路で迎え撃つ作戦でしたが、こちらはドンドン前へ出てT字路まで飛び出してしまいます。
逆にT字のところでは左にTS、右にビフロストと綺麗に配置しており、飛び出したメンバーはそこで左右から集中砲火を食らい個別排除をされます。


そこへ鹿さんが攻め手に追加。(20:13)
TSさんのレポによると攻め同士で小競り合いしていた様ですが、前線のT字路に至っては中央に鹿さんが陣取り、こちらは綺麗に3方向から集中砲火を食らっておりました。


なんとか旗移動からの高速復帰を駆使して粘りますが、ここでの立ち回りも問題が。

敵のペコが走り抜けて後方へ突っ込むと、こちらの前衛も追っかけて下がる。
前がガラ空きになったところを攻め手に差し込まれてラインの押し上げを食らう。


ついに路地を抜けられ、第1拠点でTSさんがEMC。(20:19)
そのまま第1守護石ブレイクされ、城門消滅。(20:20)

すぐさま第1バリケ前へ移動して迎え撃とうとしますが、それ以上にTSさんの進攻が速く、あっと言う間に第2バリケ突破されます。(20:24)

で、こちらが第3バリケ前に集合する前に、既にER侵攻されてエンペブレイクされます。(20:28)
TSさんはそのまま転戦放棄。

そのまま割り返して、再度防衛を開始します。
うーむ、動きが常に後手後手だったのぅ。



F5防衛②:(攻め:ロキ魂さん、Hrさん)


バリケード・守護石修理を済ませて、入口WP防衛を再開します。

しかし、ここからしばし暇防衛となります。
なかなか攻め手が来ないので、とりあえず偵察開始。(20:45)


しばらくするとロキ魂さんが襲来。(21:07)


ロキ魂さんは、パラがガーディアンを右方向へ引っ張った隙に後続が左に抜ける作戦だった様です。

ここでもまた悪い癖が出て、抜けたパラ1人を6~7人位で追っかけ始めます。
前に居る人は決して下がらずに、抜けた敵は後ろに任すべきですのぅ。

そうこうしているうちに、敵後続が左へ抜けてEMC→そのまま第1守護石ブレイク。(21:14)
こちらはEMCで第2守護石を守るべく、ラインを固めます。

ロキ魂さんが第2へ向かって来たのでこちらは第2拠点前の通路で迎え撃ちます・・・・が、また前へ出すぎてT字の階段まで飛び出して左右から集中砲火を食らいます。

ギルチャで指摘してもなかなか直らないので、ついにチャットを立てるまゆげ。

      /\___/ヽ
     /       :::::::\
    .|          .::::|
    |  ''''''   ''''''   .:::|
    .|(●),   、(●)、::::|
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/
     /``ーニ=-'"一´\
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\
    . |(●),   、(●)、.:| +
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     \  `ニニ´  .:::::/     +
     /ヽ、ニ__ ーーノ゙\_
    .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
   _(,,) 前に出るなと  (,,)_
.. /. |.. 何度言ったら・・ |  \
/   .|_________|   \


こういう地形の場合に前に出るべき時は、こちらが明らかに押していて敵のラインが崩れている場合ですな。(もちろん前にドンドン出すぎて、裏EMC食らったら本末転倒デスガ。)
互角の展開の場合は、前に出過ぎると地形的に不利ですからのぅ。

ちなみに、戦況が膠着状況で敵のド真ん中に風穴開ける意味で特攻掛けるのはアリだと思います。

ただしその場合でも、漫然とただ前に出るだけでなく、SG一発かましたら下がるなど敵の位置や動きに合わせてヒット&アウェイを心掛けていくと良いかも。


さて、第2拠点前通路での攻防の隙に第1守護石の修理が完了。

ラインも押されつつあったので、EMCにより防衛ラインを第1拠点前通路に変更。
ロキ魂さんも第2守護石ブレイクしてこちらへ向かってきます。(21:21)


と、ここでHrさんが襲来。(21:26)

ラインを突破され、第1守護石ブレイクされます。(21:30)
そのままバリケードを突破され、今から下がっても間に合わないと判断して転戦します。(21:32)



F2攻め:(防衛:Hrさん)(攻め:ロキ魂さん)


返す刀で、Hrさん確保中のF2へ攻め込みます。(21:35)
続いてロキ魂さんもF2へやって来ます。


HrさんもF5に数名を残したままこちらに戻って来て平地戦に突入。(21:36)


で、ウチはもうHrさんしか眼中になかったからしつこく絡んでいきましたが、他の何名かはロキ魂さんと攻め同士で潰し合いをしていた模様。

・・・・・Hrさんって、そんな事しながら片手間で倒せるほどヤワな相手だっけか?
というか、何の為にF2に攻め込んだんだ?


という訳で、Hrさんに攻め手は両軍とも簡単に蹴散らされて撤退します。


ちなみにロキ魂さん側のレポでもこのF2攻めについては触れられていませんので、何がしたかったのか謎です。
本城攻めたかっただけなのかも知れんが、あれじゃウチらに粘着したくて追っかけてきたとしか考えられんヨ。



V1、V4攻め


時間も差し迫り、そろそろ砦確保せねば。

「HrさんがF2に戻ったからF5が手薄になってるので狙い時。」という案もあったのですが、キッチリ城門も出来上がっているし、残り時間も考えて旧砦を狙います。

ここで、指示が上手く伝わらなくてポタメモが間に合わず、しばしベース待機。


攻め先はV1に決定。

まずは攻め被りの星屑ATさん(派兵)を排除して、ER制圧。(21:43)

ただ、ここでも悪い癖が出て、制圧までの間に1MAPで足を止めて敵と殴り合いを始めたので、またまゆげが一喝。
「いいから、はよER向かえやぁぁぁー!」


さて、そのまま制圧防衛をしつつ、V4へ派兵を出します。

CNさんが防衛中のところを排除してV4ERを制圧。(21:51)


すると、V1へロキ魂さん(マタかっ!)、V4へプロペラさんが攻めて来ます。

ほぼ同時に両砦リセット(21:54)するも、さすがに両方を相手にするのは無理そうなのでV4を諦めてV1を固めます。

そのまま時間までロキ魂さんの攻めを凌ぎつつ、タイムアップ。


V1確保にて終了となりました。



<感想とかもろもろ>

まずは、せっかく雇用頂いたのですが紅まゆげ隊3人とも今回は動きがイマイチでした。
大変申し訳なく、今回の経費は辞退させてもらいました。

ウチに至っては、久々のチェイスで動きが硬く充分な仕事ができませんでした。

今回はPTLで指示出しに終始していたとは言え、あの動きはナイわ。
もうキャラデリしたくなる位ハズカチイ。

     ||
     ||  バッ
   ∧||∧
  (∩ ⌒ヽノ
   \  _⊃
    ∪  Σ
        ≡| ̄ ̄ ̄ ̄|

   ||
   ||
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪


お品書きに載せている以上は、いつオーダー貰っても並以上の仕事はしないと反則だわな。
以降は、いつでもベストの状態で動かせるように常に練習はしておきます。


次にF5砦ですが、ここってなかなか守りにくい構造なんですのぅ。
いやさ、先週までプロペラさんでN2防衛が続いていただけに特にそう思いました。

F5って構造が左右対称だし、旗移動も覚えやすいので、一見とっかかり易いんですよね。

その代わり、狭い通路や崖撃ち出来る場所も無い。
エンペの周囲も間口が広くて、肉防衛で固めるのも厳しい。

N2と比べると、ここは意外とクセモノ砦だと思いましたヨー。


んで、今回の激辛レポについて。

こうやって厳しい指摘をレポに書くという事は恥部も露呈する訳ですから、少なからずとも同盟員としては恥ずかしい思いをする可能性は大きいですよね。

でも、「それを承知であえて激辛の指摘をして同盟員に気付いて貰いたい。」というニケさんの心意気に対して、ウチがヘラヘラと当たり障りの無いレポを書くのは失礼ではないかと思うのです。

だからウチも全力で指摘させて貰った訳ですよ。
ミニスカにはブーツだと!(ソコカヨッ!



んで、アンコLVさんは人数もそこそこ居るし職構成もバランスが良いからチカラは十分あるんですヨ。
だから、もっと良い戦績が残せて然るべきですのぅ。

今回ウチが指摘させてもらった部分に共通しているのは、敵を見つけると状況関係無くガンガン絡んでいく部分ですねぇ。

ちなみにこれらの事はウチがIRCで熱弁奮ってた内容なんですが、これはウチのPTだけじゃなくて全体に言える事なのですよ。


Gvってのは敵を倒して勝敗が決まるのでは無く、エンペをめぐる戦いなのですよネ。
あくまでもエンペを破壊して守りきるのが目的であって、その為の手段として邪魔な敵を倒す。

だから、目的優先の為にはあえて目の前の敵をスルーしなければいけない場合もありますし、城主以外の敵から殴られても無視して進まなければならない場合もあります。

いわば、目的と手段が混同していては無駄な動きも多くなりますし、足並みが揃わなければ連携も難しくなりますよね。

「今、何を優先すべきなのか。」を意識していけば、自然と動きもまとまってきますし、そこから連携も生まれてきます。


もちろん、いきなり全てが変わる訳ではありませんが、まずはひとつひとつ次回に反省を活かしていけば徐々に結果はついて来るハズです。

このへんの立ち回りが改善出来ればまだまだ伸びるはずだし、上位同盟とも互角以上の戦いができるチカラは持っています。

やれば必ずデキル!

YOUがCANならDOしちゃいなよ! (死語


もちろん、紅まゆげ隊もこのままでは終わらないですヨ。

次の雇用で皆さんとお会いする時までには、こちらももっと上手くなって良い仕事をしてみせます。
いわば、今回をスタートにお互いどんくらい伸びているか勝負です!


何はともあれ、アンコLV様、今回の雇用ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。


(追伸)

アンコLV関係者の皆さんは、ウチの初心者向けGv講座を読んでね!

皆さんに読んで貰いたくて、ニケさんにお願いして以前リンク組んでもらったのですヨ。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。