スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やったね、たえちゃん!

                   /::::::::::: i::::::::: |:::::::: ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
                   イ:::::i:::::::ハ::::::::: ヾ:::: |:::\:::ハ::::| :::::::::::::::::::::::\
                   |::|::::l:::!:::/ \:::::: ヾ:::|::::::::| ::i::::1::リ:::: |: i:::::::::::::ゝ
 __                |::|::::|:::l::ハ|_ ヾ ::::::| ヽィ::::j/=、|::::::|::::7: /:::i::::| ____
     \ :'´⌒ヽ         |::ハ:::V:::| イ⌒゙`\:i リ \|ノ 弋_フノ /:::/: /
      |i   " )_,,, _     l:ゝ::.\::i〃⌒゙ヽ  〃⌒゙ヾ //::) | 'ハ::::: |
 た や |i         ヽ   | ト/人7} 〃〃    〃〃´ ∠イr 'ちノ::::: |  ふ 家
 え っ  |i      / ・ i     イ:リ::::|    '、        |:::::rイ:::::::: |  え 族
 ち た  |i          t    / i:::::ハ    r‐--ー、     /ハi!:::::::::::::::: |  る が
 ゃ ね  |i         〃 ●   ハ::::::: \   .イ_ _,,ツ  イ/'/:::::::::::::. <  よ
 ん    |i   r一 ヽ      )  /i::ハi::::i:::::>,, ___ _,, ´ /,,ハ/|/:::ii:::::::: |  !!
 !    |i   |   i   ∀"    "  ̄ ̄     ト、  //ヽ  ̄" ̄  |
        |i   |    i   ノi            ノ:r j       :ア` …‐: |
       |i ニ|   |二二◎        __,..'| /        /   :::: |
       |i  i    i   ヽ      __,,:'´   t/       /    :: |
       li           }    ,_:'´     {    ,,___ /     ,,/i \____
       |i           |  /j\    _:ヘ:ニヽ,,,/_,,    , /:::j      j
  __ /          / ⌒`)⌒) i:::::ヽ::`r‐'___ `   ヽ ,,:_,,_,,/:::::ノ"ノシ    〃
      ,ノ フr フ   メ   / ノ  ゝ:::::: ゝ- 、 ヽ     |::::::::::::::::::::ソ /     ./


ハイッ!と言う訳で、家族が増えたまゆげ亭です。

そう、先日から子ぬこを飼い始めたのですよ。


とっても人懐っこく甘えん坊なヤツで、いつもゴロゴロ鳴きながら膝に乗ってきたり胸まで登ってきます。
ウチが仕事でお出かけしてる日中は、オカンのいい遊び相手。(喧嘩相手?)

ウチとオカンの2人暮らしの家に、コヤツが来たおかげで寂しくなくなりましたネー。

名前は、九州に住む姉の子供達(つまり姪ッ子達ね)が名付けてくれました。
とっても食いしん坊なので、「クーすけ」です。


だけど、このクーすけですが少々訳アリなのですヨ。

実は右目がほとんど見えず、左前足が骨折しているのです。


<たれ蔵の受難>


時は遡る事、昨年の10月初旬頃。

ウチが仕事でよく訪問する、某動物病院の受付前の檻の中でニャーニャーとよく鳴くぬこがおりました。
どうやら里親募集中の様ですね。

帰り際に檻に近寄ると、凄い勢いで甘えてきます。

                /ヽ
    ,__          /: : ミl
     {≡::ヽ、  ____,,,,,ノ: : : 彡l
     ヽ三: : :`';:::;;:: ;;:;;::;;:::::::::::)、
     ヽ ミ:::::::::;;:;;;; ''::;;:;;:;;:;;::::::::ヽ
      〉::::::::;;:;;:':::  ''::/⌒ヽ::;;;:l
       {;;;;;::/⌒` :  : '':::;;;;;;;: }
    /{:;;;::::;;;;::   、-ソ  , 三ヌ て ̄   <ゴロゴロー
    /:::::ヽ , ィ彡 、_,,ノ`ー''" ノ::::\`
    {:::::::/X/    ,,,,,  ,/ ::::::::}、
     l:::::::'''  '''''iミヽ,---"i   : :::::ハ
     〉::;'     `   ノ   ..::;"::;;}
    {::::::'.,,      ノ⌒i  ..:::;;;:::::::)
    {::::;;;:::::ヽ、__    `ー'  ::::,,ノ:::/
    ヽ、;;;;;;:::::::::::::>-,,,,,,,,<;;;;;,-''"
        ~""''~


「何て人懐っこいぬこなんだろう。」と思いつつよく見ると、右目水晶体が霞んでいます。
また、事故に遭ったらしく左前足を骨折していて、添え木固定で包帯グルグル巻きにしていました。

こんだけ人間大好きだから、「誰か良い里親が見つかるとイイネー。」と話しかけながらその場を後にしたまゆげなのでした。



さてこの動物病院ですが、仕事上の用事が結構多くてマメに訪問しておるのです。
其の度に帰り際に軽くあやしていたので、まゆげとはすっかり仲良しになっていました。

しかし、なかなか里親が見つかりません。

まぁ、無理もないか。
子猫の里親募集なんか、常に至る所でやっておりますしね。
ましてやたくさんの募集ぬこの中から、あえて障害のある子を引き取るような奇特な人もそうおるまい。


職員の人に聞いてみたら、「この子は野良ぬこで、怪我をして栄養失調気味だったところを動物保護団体に保護されて、そこからの依頼で病院に回されて来た。」との事。

怪我をしたけど、成長期の栄養失調で骨も成長できずなかなかくっつかない。

それどころか手当てされず放置されていたので骨折部に偽関節(骨折部分が変なくっつき方をした事により、従来の関節でない部分が可動性を有している現象)が出来ている。

右目の霞も、おそらく野良時代の栄養失調から来るものだろう。

ほんで、「こんだけ人が大好きな所を見ると、おそらく元々は飼いぬこだったのを捨てられたのだろう。」、と。


ウチも、他に貰い手が来ないか2ヶ月ほど様子を見ていました。
しかし一向に現われない様なので、このままでは保健所に引き取られて殺されてしまうでしょう。


ほんで、12月初旬にウチが申し出たという訳なのですヨ。


さて、我が家ではワンコは飼った事はありますが、ぬこは全くの初めて。
どう扱ったら良いものだろうか?と、ネット駆使していろいろ調べまくりんぐです。

ところが、トイレも1回で覚えるし、爪研ぎも縁側のマット以外ではやらないので居間の家具には全く影響無し。


アラヤダ、ぬこって賢いのネー奥様・・・・・と思いきや盲点がありました。

とにかく四六時中、餌をねだる。
とりあえず言われるままに与えていたら、お腹を壊してまでもひたすら餌をねだりまくる。
1日5回以上もウ○コしてるから、もうこやつの名前を「うんこたれ蔵」にしようかと思ったくらいです。


         /ヽ,,、、__,、,、   ,. ヘ
         | |ヽ    `''v'/| i
         !  _      ` ' .|
        / '´,,,ヽ し;;;''^'、  i
        /  ∂ ___∂    |
      ,. -'''‐"´ ̄,-─-'=--、  |         <んぁ~?
    /:::::::::::ノ  (::::::::::::::::`ヽ`ヽ!
.    i ヽ;;;;:/    `‐、::::::::::ノ  ヽ''‐、
.    |  ,,.. -───-- 、 ̄    i  ヽ,,;;≡
.    ヽ''"         ``''‐、  ノ   ヽ ̄
  ,,.. -‐\             /    i
.;''"ヽ, \ ``'、- 、___,,,... -'"     ノ,ヽ、     マキバオー、熱いヨネッ!( ^ω^)
. \ `ヽ ヽ,  \,. -‐=''、         / ヽ i
  ``'‐、,ヽ!-‐''/``''ー-、 \   /  /  !/
         \   \  i ∠-,--,'--‐'''"
           \__,...,_ヽ/ヽ∠/


ほんで、骨折の手当てで病院に行った際に体重計に乗せてみたら・・・
  。 。
  / / ポーン!
( Д )       <ウホッ!何このデブ・・・・短期間で増えすg・・・

この子は足に負担掛けられないから、太らせる訳にはいかない。
とりあえず1日の適正量は変えずに、回数を4回に増やして誤魔化してしまえ、と。

お医者さんと話したら、「野良時代に食べたいけど食べられない状況が続いたから、常に満腹じゃないと危機感を感じるのだろう。」
「たとえば、生まれた時からずっと人間に飼われ続けていた場合は、時間まで待てばちゃんと餌が来るのがわかっているから、ここまでシツコクねだる事は無い。」、との事。


まぁ、なんとか早く飢餓の危機感を忘れて、安心感を得て貰いたいものです。



さて、クーすけが我が家に来てそろそろ1ヶ月半が経とうとしております。
骨折の方は徐々に良くはなってきておりますが、偽関節が出来ている以上は通常のぬこと同じ様な自由な歩行は将来的にも不可能ですね。

でも本人(本猫?)はそんな事、気にも留めずに元気に暮らしております。
(走る時は左足浮かせてピョンピョンと跳ねてます。)

ボールにじゃれて走り回ったり、飽きたら日向ぼっこしたり、ストーブの前で仰向けに寝てたり、ウチやオカンに甘えてよじ登ってきたり、鬼気迫る様な鳴き声で餌をねだったり。

人が大好きで、お客さんが来てもすぐに懐くから誰からも可愛がられてますネ。
こんな子だから、病院の職員や先生達も貰い手が現われた事をとても喜んでくれています。

春休みには、名付け親の姪っ子達が九州から遊びに来るので、たくさん遊んでもらえそうです。

仕事で嫌な事があった時も、帰宅するとこの子が甘えてくるのでウチもとても癒されてますし、飼って良かったなぁ~、と常々思うまゆげなのでした。



こうやって読み直してみると・・・俺って超親バカwwwwww。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

まゆげボーン

Author:まゆげボーン
ワールド:Heimdal

ギルド:(有)あなたのGv手伝い隊

所有キャラ:冠・廃聖・チェイサ・
        BS・アサシン

特徴:ヘタレなくせにGvスキー、
    極度のPC音痴

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。